クラウドでECを構築

かつてECサイトといえば、フルスクラッチではじから作ったり、ECに必要な機能がある程度は揃っているパッケージなどをカスタマイズすることでECを構築
したりするというのが、メインの方法でした。

しかし現代社会において、今はASPなどシステムが古くならないクラウドECなどが次から次へ登場して来ているのです。 高額なフルスクラッチやパッケージというのでなくても、ECサイトを結構簡単に構築することが出来る時代が来たと考えていいでしょう。

世間で、クラウド型ECサイトが何かと聞けば、ASPという人たちが多いのではないでしょうか。カスタマイズができるクラウドECいうイメージも強く、
クラウド・レンタル・サーバーでオープンソース等が使えるサービスとして認識している人たちも多くいるかもしれません。

クラウド型ECサイトは、そのようなものをイメージしてもらっておおかた間違いではありません。 クラウド型ECサイトは、クラウド環境で、ECサイトが管理・運営できるものであり、クラウド型ECサイト導入によって、インフラやECシステムを自社で持つ必要がなくなりますし、ECシステムが常に最新に保つことが出来ます。自動アップデートで機能が更新され気儘にECサイト構築をすることが出来ます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket