クラウドでECを構築

かつてECサイトといえば、フルスクラッチではじから作ったり、ECに必要な機能がある程度は揃っているパッケージなどをカスタマイズすることでECを構築
したりするというのが、メインの方法でした。

しかし現代社会において、今はASPなどシステムが古くならないクラウドECなどが次から次へ登場して来ているのです。 高額なフルスクラッチやパッケージというのでなくても、ECサイトを結構簡単に構築することが出来る時代が来たと考えていいでしょう。

世間で、クラウド型ECサイトが何かと聞けば、ASPという人たちが多いのではないでしょうか。カスタマイズができるクラウドECいうイメージも強く、
クラウド・レンタル・サーバーでオープンソース等が使えるサービスとして認識している人たちも多くいるかもしれません。

クラウド型ECサイトは、そのようなものをイメージしてもらっておおかた間違いではありません。 クラウド型ECサイトは、クラウド環境で、ECサイトが管理・運営できるものであり、クラウド型ECサイト導入によって、インフラやECシステムを自社で持つ必要がなくなりますし、ECシステムが常に最新に保つことが出来ます。自動アップデートで機能が更新され気儘にECサイト構築をすることが出来ます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

クラウドの理解

実際にみなさんが既に使用しているWebメールというものもクラウドのひとつと考えていいでしょう。 「Gmail」や「Yahoo!メール」などを既にみなさんは、現在当たり前なものとして使用をしているはずです。Webメールサービスは、サーバーがどこにあるかということを実際に考えて使用している人たちはほとんど皆無ではないでしょうか。一般的なメールとどのように違うのかということを考えると、クラウドというものが段々とイメージ出来てくるかもしれません。

私達は現代社会において、既に当たり前に、どこにあるかは分からないけど、どこかにあるだろうサーバーとメールソフトを何の疑いもなく使用しているのです。

ソフトウエアを自分のパソコンにインストール必要もなく、「Internet Explorer」、「Chrome」などのブラウザがあれば、サービスは自由に使用することが出来ます。自前のメールサーバーを用意する必要もありません。

そして、今、多くの人たちが注目しているのが、クラウド型ECサイトです。ECサイトというものが判っている人たちも、クラウド型ECサイトに対して、新しいイメージを感じていることでしょう。以前のECサイトといえば、フルスクラッチではじめから作ったり、ある程度ECに必要な機能が揃っているパッケージをカスタマイズしてECを構築するという方法を選択することだったのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

クラウド型ECサイト

今私達の時代は、頻繁に「クラウド」という言葉を聞くようになりました。そもそも、クラウドという存在は、昔にはなく、クラウドって何……?と首を傾げている人たちも多くいらっしゃることでしょう。 まずは、クラウド型ECサイトについて語る前に、クラウド自体を理解してください。

世間は、もう既にみなさんの知らないうちにクラウドに満たされた世界に変容してしまったのかもしれません。なぜなら、クラウドは、実社会で視界にあらわれて来ないものだからです。クラウドは、SFの世界のものなのでしょうか。クラウドは、SFの世界のものでもなく、現実的に、私達の目の前に存在しているものです。

クラウド=雲」なので、あの空の上にフワフワと浮かんでいる白い雲のことを想像してください。しかし雲ばかり見つめていたとしても、クラウドの正解は出てこないでしょう。
クラウドは、どこにあるのか?ということが判らないでも、どんな場所で作られているのか?ということが知られないでも、利用出来るサービスのひとつです。

しっかりシステムが構築されてあれば、どこ?ということを敢えて知る必要もないのではないでしょうか。 クラウドはコンピューターの利用形態のひとつとして考えることが出来、インターネットのネットワークに接続されたコンピューター・サーバーが提供するサービスを、ネットワーク経由で利用します。

今までの形なら、利用者は手元にあるパソコンの中のソフトウェアやデータを利用するということになりますが、雲・クラウドの中にあるソフトウェアやデータを利用して行います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket